2006年04月14日

徹夜明け

今週は緊急の調査が入り、2回も徹夜になってしまった。
月〜火は客先泊で、何が問題かを定義するのに徹夜。
木〜金は自社泊で、問題の原因を探るのに徹夜。

問題を定義するのって難しいなと思った。
いろいろな人に聞いてもバラバラのことを言うから。
客は早く問題を解決して欲しいと言うけれど、
何が問題なのか、どうなれば良いのかが明確でない。
いつまでに解決するのかスケジュールを示してくれと言うが、
問題が分からないことには、調査方針も立たない。
というわけで週の半分ぐらいは、問題の認識に費やしてしまった。

その後やっと調査に入ったわけで、それからはわりと速かった。
俺は推理小説やサスペンスなどの人間関係が絡む問題は苦手だが、
コンピュータの表面的な現象から内部的な仕様はこうなっているに
違いないという仮説を立てるのは、かなり得意である。
そして、仮説を検証するための実験をするのだ。

実験の準備や実施にはかなり手間がかかる。
現象を捉えるためのツールがないことが多いので、
手作業でやるか、即席のツールを作ったりする。

そして、実験をして、結果が予測どおりであれば、
仮説が正しいということになるが、違っていれば、
仮説を修正して、再度実験をする。この繰り返し。
よって、すごく時間がかかる。

要領のいい人はこんなことはしない。
人が実験した結果をもらい、カット&ペーストで資料を作成し、
さも自分でやったかのように、客に報告する。
まあ、いいさ。

気付いたら朝になっていて、早い人は出社してきている。
「ひょっとして泊り?お前もよくやるなぁ。程々にな。」と言われる。

この時点で問題の原因の特定できていれば、内心得意になっているが。
そうでないときは、何だが徹夜しただけ馬鹿みないな気持ちにはなる。

今日は前者のパターンだったので、すごくうれしかった。
徹夜はしたけど、誰も分からなかった問題を1人で解決した。
対策まで考えて、それで再度実験し、うまく行くことを確認。
あとは何度も試験をして問題無いことを確認するだけなので、
それは若い人に任せて、俺は早く帰ることにした。

しかし、帰り道は眠い。疲れた。電車に乗るのはしんどい。
向かって歩いてくる女性が、みな綺麗な人に見える。つい振り返った。
何故だ?俺の目は結構厳しいはずなのに。。。

とりあえず本屋に寄るが、頭が疲れていて、立ち読みできない。

「富士そば」で得盛ざるそばを食べる。徹夜明けのそばはうまい。

しかし、眠い。やっぱり電車で帰るのは無理だ。
地下鉄の深い階段を下りられそうもない。

というわけで昼間なのにタクシーに乗ってしまった。
いいのだ。今日の俺は英雄なのだ。
それに昼間は割増じゃないから。

タクシーの中で爆睡。いつの間に家に到着。
メーター料金は事前の予想とピタリと一致。
冴えているじゃん、俺。運転手も驚く。

一刻も早く布団で寝たい。
しかし、忘れていた。
今日の15時までに受けないといけないe-Learningを受けていなかった。
眠い目をこすって、会社に接続して、e-Learningの画面を開く。
頭が働かなくて、文章の意味が良く理解できないが、
何故か普段は働かない直感がよく働いて、
普通なら90分かかるコースを30分で終えた。
「あなたのペースは速すぎます。もう一度、前に戻り、
完全に理解するようにしましょう!」みたいなことを言われたが、
無視して、コース終了の画面へ。修了証を印刷。

やっと寝られる。


posted by しょぴ at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。